キャビテーションは背中の贅肉にも効果的

 

キャビテーションは背中の贅肉にも効果的キャビテーションとは元とは物理現象であり、空洞現象とも呼ばれています。流れる液体が圧力の差により泡ができたり消えたりすることです。それを美容に利用し脂肪の塊を破壊しています。体内の余分な脂肪細胞を特殊な超音波でとても細かい振動により破壊することで脂肪を体の外へ流しやすい状況をつくりスリムアップの効果を得ることができます。脂肪だけにしか効かない周波数で振動をつくりだしているため、骨や他の臓器に影響を及ぼすことなく痛みもないため安全性も高いです。背中にたまった脂肪は単なる肥満によらず胸にあるべきだった肉が来てしまっていたり、肩こりにより背中が凝り固まってめぐりが悪くなってしまって贅肉がついてしまうこともあります。上半身は下半身おりも動かす機会が非常に少ない事や背中を丸めた猫背の姿勢であると血やリンパの巡りが悪く老廃物がたまってしまいお肉が溜まりやすい環境となってしまいます。キャビテーションでいらない脂肪を破壊して体の外に出すことによって体内の循環を向上させることにもつながります。循環がよくなると血液やリンパの流れもよくなるため肩や背の凝りも和らぎます。脂肪を壊して体外に出しながらなおかつ太りにくい身体になることができます。また、肩こりと同じくむくみも体内の循環がよくないときにおこりますがキャビテーションをすることで解消してラクになりなります。背中の贅肉はとても落としにくい性質であり、それは筋肉が少ないからです。筋トレが効果が出やすい手段の一つですが代謝を上げにくいものになっています。さらに適切な方法でトレーニングしないと腰を悪くしてしまう恐れもあります。食事制限をしても手首や足首などの皮下脂肪が少ない場所から細くなるため胴回りを補足するには時間がかかります。対してキャビテーションは寝たまま背中に半円の金属を当てるだけで脂肪を分解し体内の巡りもよくするためリスクなく簡単に行うことができます。キャビテーションは脂肪の細胞自体を破壊するため脂肪細胞の数自体を減らすことができリバウンドする可能性が他の方法より格段に低くなっています。施術時間も10分〜20分であり複数の部位を同時に行うこともできるため短時間で施術することができます。脂肪は壊されて体外に出しやすい状態になるため、体外にきちんと出すことで効果を得ることができます。水分をきちんととり、マッサージや有酸素運動も併用することで代謝を高めると、よりスリムアップを目指すことができます。